カテゴリー
未分類

HDDでLVMストライプしたボリュームを作る

HDDでも同様な実験を行なってみました。
こちらは WDC WD15EARS(1.5TB)×2本と同じく WD10EALS(1TB)×4本でVGを構成しています。
PEサイズはデフォルトの4MBではなく16MBになっています。これはLVサイズの上限256MB(4MB×65536個)の壁を超えるためです。

大台の300MB/sを超えている部分を緑で強調表示しています。最大値を太字で示しています。


こちらの環境に限れば、チャンクサイズはデフォルトの64KBで良さそうな感じです。
わざわざ変えるメリットは見当たりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です