[Back]

α-7D 2号機が壊れました(;_;)



がびーん。というわけでα-7D 2号機が壊れました。 2006年の4月に購入したボディが先に壊れました。 なんでかなー。 急激な温度変化(真夏のフロリダと日本の温度差は10℃以上、 真冬のフロリダと日本の温度差は20℃以上)か、 893km/h(マッハ 0.84)で太平洋を3往復した影響か。

壊れた個所は電池ボックス内の電池を固定する プラスチック製の爪 2181-1081-02 (p.04, PDF:10/27, Service Manual Parts List, 2181, REPEAR GUIDE)です。 単価は50円くらい? こんな部品が壊れて10万円の装置が使えなくなる。 良くあることなんだと思います。 それを交換するのに数千円というのも。。。

50円/100,000円*100=0.05%

昨夜フル充電したバッテリーを装着しようとして、 違和感あり。あれれと思ってよーく見ると、、、壊れていました。 仕方ありませんので、1号機に電池を入れ替えて出動です。 自転車で疾走して近所の公園で撮りました。 風はやや強いです。 風の止むタイミングを見計らって同じアングルで数枚ずつ撮りました。

保証書を探して、、、まだ保障期間中であることを確認、 早速明日にも修理の手配をしておきます。 無償修理です、嬉しいような悲しいような。。。

1号機は那須塩原に白鳥を撮るために貸し出していました。 カメラの設定が変わっていました。オーマイゴー。 画質が「Standard」になっていました。オーマイゴー。 我が家に帰ってから気付きました。オーマイゴー。 さあ、いつもの「Fine」と比較して何か「質感」に変化あるのでしょうか?



[Back]