[Top]

一日だけのブライダル・カメラマン

念願?のブライダル・カメラマンのチャンスが巡ってきました. 白金台にある八芳園(Wnnで一発で変換できた!)で大役を務めるのです. 披露宴は2月11日(金曜日,建国記念の日)です. この日だと確定したのは,10月ごろだったでしょうか...

式の挙行される数週間前に,現地で新郎と新婦(後輩)と打ち合わせをしました. 式の進行表も戴きました. 披露宴会場の下見,テスト撮影をしました. 使用レンズは24-105だけだと広角側が足りないことがわかりました. 天井が高いのでバウンス(フラッシュ光を天井に反射させる)も難しいことも わかりました.

当時,発売間もないα-7 DIGITALには外部フラッシュと併用したときに, フル発光してしまうというバグを抱えていました. このままで,披露宴を撮影する自信はありませんでした. 「だめもと」でメーカーに陳情しました. 「この披露宴のためにカメラを買ったんだ! もしフル発光の対策が完了しているなら, 正式リリースの2月14日の前になんとか,超例外的に救済していただけないか!」と.

それから2,3日くらいして披露宴の前々日に「例外措置OK」のメールが来ました. その翌日,つまり披露宴の前日に,コニミノ新宿のサービスセンターに持ち込み, 無事ファームアップを行ないました. 新バージョン「Ver.1.10j」になったことのみを,その場で確認しました. でも,どう操作してバージョンを表示したのかは,わかりませんでした. このときは「フル発光の対策が完了した」ことだけを確認しました. まさか,CFへの書き込みが超高速化されているとは,予想すらしていませんでした. 気付きませんでした.笑い.

さっそく新宿でテスト撮影しました. 「MSET」ボタンを押すと,「ISOボタンの切り替え」にジャンプする設定にしたはずなのに, ならない.おかしい... 設定しても,電源を一旦切ると忘れてしまうという新たなバグを発見しました. 慌ててサービスセンターに戻って,症状を伝えて帰路に着きました.

この原因と対策がわかったのは披露宴の終わった翌翌翌日の月曜日です. ファームアップ作業後「撮影モードリセット」を行なうのをサービスセンターの 方がうっかり忘れたためでした.

と,前置きが長くなりましたが,ちゃんと説明しておかないと, EXIF情報を覗いて「なんでじゃぁー」という疑問(非難)が殺到してまうので, この場をお借りして告白しお詫びしておきます._o_ 価格.COMの皆さんと一緒に現象究明したのにも関わらず,私だけが得したみたいで 申し訳ありません._o_ でも,どうしても今回の撮影会(披露宴)だけは失敗したくなかったのです. どんな無理でもしたかったのです.

使用機材

以下の機材を使用しました. 予備として,DiMAGE A1+5600HS(D)も用意しましたが,幸いバッグから 出すことはありませんでした.

撮影画像

新郎新婦の許可を得た画像のみです. 約900枚の中から僅か34枚だけを選びました. 個人が特定できないように配慮したつもりです.

撮影場所は,美容室前(内部は新郎といえども立ち入り禁止,男子禁制), 親族控え室,屋外の親族集合写真,披露宴会場前,披露宴会場です. 披露宴は13:30から始まるのですが,10時から現地で待ち合わせて 変身前から撮影しました. 美容室前は17-35でOKであることをチェック. 1時間の変身タイムです.

待ち時間である変身中は庭園で緑や池を撮影しました. 集合写真のときには24-105でOKであることをチェック. 来賓を迎え入れる金屏風の前は24-105だとギリギリ,17-35でOKであることを チェック. まだ時間があったのでコーヒーとショートケーキをペロリと. これが朝ごはんです.

やっと1時間が経過しました. そろそろかと美容室前に戻って,レンズを17-35に交換して待機です. 変身後,新郎より先に,新婦の親族より先に純白のウェディングドレス 姿を見ることができ,そしてカメラに納めることがきたのは, 申し訳なかった.笑い.

反省


[Top]