六本木ナイト Pluchra 撮影会(2016.12.16)
モデル: 楠やよい さん
強風、極寒でした


当Webページ上の写真の肖像権、使用権は、 モデルさんとその所属事務所に帰属します。
機材性能評価や自己の現像スキルの向上目的を除いて、 プリントや再配布を禁止します。
ツールによる一括ダウンロードはご遠慮ください。だめです。

師走の週末に、 プルクラ撮影会 「六本木ナイト」に参加してきました。 集合場所は、 東京メトロ日比谷線六本木駅 1b出口、 ラーメン屋の脇の左側の階段を出て直ぐのところです。 ラーメン屋はたくさんあるので、迷いに迷って 現地到着は撮影開始時間ちょうどでした。 汗。

今季一番の冷え込み、しかも風強く、さらにビル風ありという 悪条件です。 通勤で毎日通っている人もいるんでしょうけど、 名所のイルミネーションを楽しめるチャンスはそう 何度もありません。 仕事を早めに切り上げて参加させていただきました。

使用レンズは50/1.4ZAの1本勝負です。
それでもリュックはカメラとグリップとフラッシュと 自作デヒューザーと CuctusV6×2個でいっぱいです。 ライトスタンド(スタンドだけ)も持参しました。

とにかく元気で明るく良く笑う モデル:楠やよい さんでした。 それでもホッカイロを握り締めての撮影敢行でした。 きゃしゃな感じに見えますが、 ホンの少し前の高校生のころには、片道15kmを自転車で通学されていたそうです。 運動神経抜群、スポーツ万能な、食べても決して太らないボディの持ち主とのことです。

カメラに直接マウントしたフラッシュ直射、CuctusV6による ワイヤレス発光、現場の明かりを生かしたノーフラッシュと 一通りの組み合わせを試しました。 風強く、夜間で通行人多い場所なので、 スタンドをリュックの脇ポケットに突き刺して、重しとして使用しました。

最近?のイルミネーションは色がどんどん変わります。 その周期は数分だったりします。 ホワイトバランスをカスタム設定しても、撮影している最中に ごっそり変わってしまいます。 その場の明るさ、色を大切に撮るように心がけてコマもあったりします。 大変だからゆえにとっても楽しめました。


ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 12:22:51 December/28, 2016