神楽坂、飯田橋@プルクラ撮影会(2017.2.19)
モデル:楠やよいさん


当Webページ上の写真の肖像権、使用権は、 モデルさんとその所属事務所に帰属します。
機材性能評価や自己の現像スキルの向上目的を除いて、 プリントや再配布を禁止します。
ツールによる一括ダウンロードはご遠慮ください。だめです。

当ページはJPEG撮って出し版です。カメラ側の設定はシーンモード:スタンダードです。
Adobe Lightroom CC 2015 にて Raw現像したものは こちらです。

神楽坂、飯田橋@プルクラ撮影会に参加させていただきました。
モデルは今回も"楠やよい"さんです。
な、な、なんと、真っ赤なコートとウルトラミニのショートパンツ (スカートか?と期待した人、ごめんなさい笑)とベージュ色のベレー帽です。
風が強いかもしれない日にはベレーを被る派なんだそうです。
えらい!!

持参レンズは 50/1.4ZA、85/1.4ZA と minolta 70-200G/SSMの3本でしたが、 70-200G/SSM だけを使いました。
フラッシュはソニー HVL-F60M×1灯です。 これを Cactus V6IIs for SONY ×2セットでリモート発光させました。
ソニー専用なのでHSS対応、リモートからの発光量調整もズームも制御できて楽です。

現地到着は1時間前です。 近所を散策して、まだ行ったことのない小石川後楽園に足を運びました。
入園料は300円(大人)です。
入口側に小高い丘に川があって、そこに木々が多い茂っていて、 緑、木漏れ日の多い場所を発見しました。
一応、園内を端から端までくねくねと歩き回って、チェックしておきました。
集合場所から園内まで徒歩10分です、往復20分も移動に費やすくことに なってしまいますが、、、背景優先ですから。。。

カメラリュックのサイドにライトスタンドを畳んだまま挿して、 背中に背負う一脚として使いました。
これをバッグごと地面にポンと置けば、バッグが重しとなります。
発光量は1/4から1/16の範囲で調整しました。
木漏れ日のある木陰でしたので。
今回は、環境に優しい?NiMH充電池を撮影前夜に充電しました。
Cactus のTx側、Rx側それぞれも、出発直前に充電した NiMH充電池でした。


ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 22:04:28 February/20, 2017