セイサ写真集Vol.1 全てα77で撮った写真集が発売になりました、次はα99で撮りりたいものです

セイサさん@スターレット再デビュー(2013.3.31)







春休み期間中に帰国されていたセイサさんが 撮影会スタジオ・スターレット に帰ってきました。 年度末、最初で最後の特別出血サービス?ということで、 ほぼ貸切のスタジオを使って、 モノブロック × 2灯 を体験しました。 モノブロックには他の発光に追従するスレーブ機能がある (ON/OFFできる)ので、 特に何にも心配することはありません。 ひょっとしたら同調速度がより遅くなるかもしれませんが。 まあ、1/125くらいだったら問題ないでしょう。 と勝手に思い込みました。

今回の撮影の第一目的は85mmの三兄弟のレンズの 撮り比べです。 つい先日、調達したばかりの 85/1.4ZAと、 絞り羽根故障トラブル 修理から直ってきたばかりの 85/1.4Gと、 はじめてレンズシリーズの85/2.8の対決?です。 そして、第二の目的が先のモノブロック× 2灯の挑戦です。

衣装は毎度おまかせです。 セイサさんが着て来た衣装を撮って欲しいというリクエストをされたので、 私服(至福ともいう)の撮影となりました。 いつもと違って2灯なので、明るいです。 目いっぱい遠くに傘を設置して光量を落としたつもりです。 開放絞りが1.4と2.8と4倍(絞り値の2乗)違います。 モノブロック1号の発光量を1/32をその4倍の1/8に。 同2号の発光量を1/16をその4倍/4に設定すればいいはずなのですが、、、 うーんよくわかりませんでした。

セコニックの露出計を持参してテスト発光しながら色々試した。 でも結局のところ、背景の白壁が飛ぶか飛ばないかのぎりぎりまで オーバー目に撮るという方法が正解だったみたいです。 何が正しいか?ではなく、肌が綺麗に見えるが正解なのかな?

レンズ交換の都度、発光量変更の都度、シャッター速度変更の 都度、ホワイトバランスが狂う可能性あります。 定常光とフラッシュ光の比率が変わります。 レンズによって色味が違うかもしれませんから。 できるだけこまめにグレーチャートでカスタム設定したつもりです。 証拠のコマのいくつか抑えておきました。

例によってノートPC(lenovo T520, 1920x1080)持参で臨みました。 撮影の都度、全コマをパソコン上でモデルさんに確認して頂きました。 NGなコマはモデルさんご自身の手で削除して頂きました。
総撮影枚数は307枚でした。 その内、262枚を残しました。 歩留まりは8割5分3厘です。


ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 00:00:43 April/01, 2013