世界"制服"計画@プルクラ撮影会(2017.3.12 7PM)
モデル: 楠やよい さん


当Webページ上の写真の肖像権、使用権は、 モデルさんとその所属事務所に帰属します。
機材性能評価や自己の現像スキルの向上目的を除いて、 プリントや再配布を禁止します。
ツールによる一括ダウンロードはご遠慮ください。だめです。

当ページはJPEG撮って出し版です。カメラ側の設定はシーンモード:スタンダードです。
一部のコマのみ Adobe Lightroom CC 2015 にて Raw現像したものは準備中です。

都内著名ホテルを利用したモデル撮影会に参加してきました。
23Fとあって、眺望はばっちり、怖いくらい標高のあるお部屋でした。
2面ある壁の一方が灰色でした。灰色のカーディガンを羽織ったモデルさんなので、 その反対面を使った撮影となりました。

使用レンズは 50/1.4ZA の1本勝負です。
フラッシュはミノルタ5600HS(D)(単三電池×4本) × 2灯と ソニー HVL-F20M(単四電池×2本)× 1灯です。
ミノルタ式シューの5600HS(D)は、変換シュー(改造版)を介してISOシューに。
F20Mは変換シューを介してミノルタ式にした後で、もう一度変換シュー(改造版)を介してISOシューにしています。
メインとなる 5600HS(D) 側はトレース紙を一枚挟んでデフューズしています。
背景、影消し用を目的としていた F20Mはバウンス設定です。
Cactus V6II for sonyは2コ揃って修理中です。
これを Cactus V6 初代を計4コ使ってリモート発光させています。

F20Mには「パワーセーブ」機能があり、60秒固定で電源が切れます。

F20Mから見れば、自身がカメラに装着されているとは認識していませんので、 オートセーブ機能が働いてすぐに電源が切れてしまいます。orz
実戦でどのくらい使用に耐えるのか、試してみましたが、、、60秒なんてあっという間ですね。
立ち位置、ポーズをお願いして構図決めてフォーカスしている間に、、、60秒ですから。
途中から、F20Mを放棄して、2灯で頑張る作戦に変更しました。

次回、天井バウンスを積極的に使うか、 修理中の"V6II for Sony"をRxとして追加するか、
HVL-F60Mを影消し用として使うか、、、悩みたいと思っています。
壁と天井が何色か事前にわかるといいんだけどな。
窓ガラスに三脚が写っているコマ、スカートの間からフラッシュが覗いているコマとか ありますが、全てを記録に残して、次回への糧としたいものです。
撮影練習にご協力いただいたモデル:楠やよいさんに感謝いたします。


ご感想をご投票ください。
非常に悪い, 悪い, 普通, 良い, 非常に良い



Last modified at 22:11:11 March/13, 2017